SDGsと企業

SDGsは「持続可能な開発目標」の略となっており、社会が抱えている問題を解決して世界全体で2030年を目指して明るい未来を作ることを目標とされています。
2015年9月に国連で採決されており、先進国だけでなく発展途上国を含めたすべて国が対象です。
経済・社会・環境の三方良しを目指しており、17の目標と169項目のターゲット(達成基準)が設定されています。
SDGsの持続可能な開発とは、将来世代のニーズを損なわずに開発していくことを指しています。その中には環境問題や社会問題も含まれています。
この考え方は、企業経営にも広がっています。企業経営でもSDGsが浸透することによって、地域貢献や企業の将来発展を後押しすることが期待されているのです。
経営リスクを回避し、新しいビジネスチャンスを獲得するためにはSDGsの活用が注目されています。今後はビジネスの世界でも、SDGsが拡がっていくことが予想されてます。

国連広報センターWebサイト:持続可能な開発目標(SDGs)とは
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/
    

未来の夢を運ぶ上田運輸とSDGs

1952年の創業以来、上田運輸は創業者・上田整の「物流を通して社会に貢献します」の理念の基に、運輸事業を柱として歩んできました。
そもそも世界で物流業が広まったきっかけは、18世紀半ばから19世紀にかけて起きた産業革命です。
この時、世界の中心となり製造業を引っ張っていたのはイギリスですが、大量に生産された工業製品など、物を世界中に運ぶことが必要となったことがきっかけとされています。
現在では、荷主による物流への要望が多様化が進んだだけでなく、訪日外国人の増加など海外からの日本へ注目は高くなっています。
それに伴って、貨物の種類・特徴も様々です。これからの物流企業は、それぞれに応じた輸送方法に対応できることが求められています。
トラック輸送をメインとする上田運輸は、環境分野はもちろんのこと、社会と共に歩みを進め、人々の豊かな暮らしと豊かな心、社会の発展を支えていくことを使命としています。
また安心して暮らせる持続可能な社会の実現と、「誰ひとり取り残さない」SDGsの視点で、お取引様をパートナーとし、地域に根ざした企業、また地域の人々に信頼・期待いただける企業を目指しています。





     
   
  

上田運輸の取り組み 該当表

事務所・倉庫のLED照明へ切り替えを進めます。

夏祭り・忘年会を開催し、社員及び、家族の繋がりを一層強いものにします。

全トラックにドライブレコーダー・バックモニターを装着し、安全意識を向上します。

石川県トラック協会・小松市工業団地組合のクリーン作戦へ参加します。

現場作業の際に使用する軍手は選択することで、捨てずに再利用することを心がけております。

社内燃費目標を設定するとともに、トラック1台毎の燃費を算出し燃費意識を高めます。

近隣のお取引様をSDGsのパートナーとして、共存共栄の関係を目指します。