サービス概要

グローバル化が進み、モノは国境を越えて必要不可欠な時代になりました。
当社では貨物の輸出入業務をサポートします。特に食品関係の通関では県内一の実績を誇り、北陸でも有数です。
食品以外にもアパレル・危険物等の様々の実績があり、通関から配送まで、お客様のご要望にお応えした迅速なサービスを提供しています。

サービスの内容

輸出・輸入業務代行、
通関業務
通関業務処理システム(NACCS) を導入しております。
輸入貨物の通関手続きを迅速かつ的確に処理いたします。
通関書類・
貿易書類の作成
各種書類も法令遵守で確実に処理いたします。
貨物の梱包・
保管
小松空港北陸国際航空貨物ターミナル㈱(HIACT)内で作業いたします。
保税倉庫を利用した
通関業務
外国貨物を輸入手続きせずに蔵置できる場所です。保税地域の一つですが、指定保税地域や保税上屋に比べ長期間(2年間)蔵置できます。

業務の様子

輸出・輸入業務代行、通関業務

通関書類・貿易書類の作成

小松空港北陸国際航空貨物ターミナル㈱
(HATB)内作業

上田運輸㈱小松空港営業所

上田運輸(株)空港出張所

通関士について

輸出入されている物品の通関手続(税関への手続)をするために必要な財務省管轄の国家資格です。
輸出入品に関して、他人の依頼により輸出入手続きの代理を行うのは通関業者である必要があり、通関業の営業所に通関士を置いた場合、通関士が通関書類の審査をし、書類に記名押印する必要があるため、(輸出入者本人を除き)通常は通関士以外が貨物の輸出入申告手続きをすることはできません。 通関士の主な業務としては以下の事があげられます。
  • 通関手続きの代理
  • 通関書類の作成代行
  • 関税計算書等の審査
  • 不服申し立ての代理
  • 主張・陳述の代行

Naccsについて

輸出入・港湾関連情報処理システム(Nippon Automated Cargo Clearance System)
国際物流の上流から下流に至る様々な分野で業務を行う官民の利用者が、それぞれの業務に応じ適時適切にシステムを活用して情報を入出力することにより、利用者全体の業務処理の迅速化、効率化が図られ、以ってシステム処理の効果が発揮され、国際物流の迅速化、効率化等のメリットを全利用者が享受できるオンラインシステムです。
NACCSは、税関、関係行政機関及び関連民間業界をオンラインで結び、輸出入等関連業務を迅速に処理します。

保税倉庫

保税倉庫とは

外国貨物を輸入手続きせずに蔵置できる場所です。保税地域の一つですが、指定保税地域や保税上屋に比べ長期間(2年間)蔵置できます。
外国貨物を一時保管し、海外へ輸出、または輸入した外国貨物を一時保管し県内外へ搬出することを目的としています。

内陸にある保税倉庫を利用するメリット

  • 輸入前に商品のソーティング(並べ替え)が可能です。
  • 早期に品質結果を知る事が出来るので、輸入するまでの間に営業対策を講る事が出来ます。
  • 保税内で発生する全ての料金(輸送量、グレーディング料、保管料等)に対 し、消費税が掛りません。
  • 従来出張して行っていたソーティング業務を弊社保税蔵地場で行うことで、全体的な納期短縮が図ることが出来ます。
  • 品質評価のみを御希望の場合は通関することなく再輸出(積戻し)が出来ます。

輸出入におけるコストの削減

保税倉庫を活用する事で、以下のようなメリットが見込めます。

  • 配送時間の短縮による、生産から販売までの期間短縮
  • 消費税等の課税経費の削減
  • 金利手数料の経費削減
  • トラック輸送を利用する回数を削減できる

国際複合一貫輸送